最新ニュース

ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。

 

8月12日(水) ステイホームで「坂の上の雲」

 

 大阪からいらっしゃった5人家族。「ステイホーム!で『坂の上の雲』のDVDをみんなで観て、来ました」と言って下さったのはお母さん。一番関心の深いお父さんや子供たちと一緒に観て感激し、揃って「松山へ旅に出る」日がやっと実現したのだそうです。

 

 思えば 4月に始まった「緊急事態宣言」(外出自粛・休業要請)下、特に大型連休に際して提唱された「ステイホーム」(お家に居よう)の日々は、その後、緊急事態宣言解除-( 5月14日に39県、21日に近畿3 府県、 25日に首都圏 4都県と北海道も解除)-の後も、県境越えのレジャー・旅行・帰省の自粛が続き、6月19日になって国のその要請が全国解除されました。

  以来、当地にも、県外からの来訪が徐々に増え、万一の感染発生時のため連絡カードを書いて頂き始めた7月末からこの日までの2週間に、大阪の20人の他、広島18愛知15 、神奈川19東京12 人等、県外から計150人、色々な方々が、秋山兄弟生誕地を訪ねてこられました。

  その間、東京からの中年男性3人連れは、お尋ねしますとやはり御出張でした。帰りがけ「お互いコロナで、大変ですが、こうやって乗り越えていきましょう」と申しますと、頷きながら「しかし、ここに来て、命の洗濯になりました!」と、言って下さり、仕事に発たれました。

  大阪からの御一家(上の写真)のお父さんからは、案内中、幾つか質問をお受けしました。そうして生家を見終わった折、長男さんが、帰りがけに俳句ポストに投函していましたので、是非、ここで作ったのを教えてくれませんか?とお願いしました。一緒に聞かせて頂きました。

            秋山兄弟生誕地にて  
                  「誰がため己と家族と国のため」 長男  
                  「兄弟の意志をうけつぐ夏の朝」 長女

 

8月1日(土) 福岡から職場仲間の若衆

 

 梅雨明け土曜の日盛りに、いかにも働き盛りの職場仲間がいい感じで記念写真を撮り合っていました。

みなさん『坂の上の雲』を 10 年以上前に読んだそうです。その一人は、最初に読んだとき、「この小説は秋山兄弟の二人が主人公であるだけでも、十分面白いのに、なぜ子規も?」と思ったそうです。
 


職場仲間の3人 左から 栗山さん 高橋さん 榎田さん (写真の時はマスクをはなし)

 その疑問がここに来て研究員さんの説明で完全に解けた由。――司馬さんは子規がとりわけ好きでその松山の足跡を探索している間に、その親友が眞之で、その兄が好古だったという事(そういう時代)への驚きから、この物語が生まれたことがここでよくわかったと、感想を言って下さいました。

  これから坂の上の雲ミュージアムや、道後の子規の足跡も訪ねるそうです。
お迎えした秋山兄弟生誕地のスタッフ2名、福岡4人衆と「お互い乗り越えて行きしょう!」と、ともにコロナとも闘う仲間になってお別れしました。


2020年  1月  3月  5月  8月  10月  11月  12月
最新ニュース 2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved