最新ニュース

ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。

 

4月25日(木) 松山東高校新入生360人来訪

 

写真1  生家の秋山眞之に関する展示の説明を聴く
 
 藩校明教館(好古もその「小学部」で修学)や松山中学校(眞之も修学)の後身である松山東高校(村上敏之校長)は、昨年までの「スーパーグローバルハイスクール」としての実践を踏まえ、本年度からの文科省「地域との協働による高校教育改革推進事業(グローカル型)」に応募し、全国20校中の1校に指定されました。それは、「人間的魅力のあるグローカル・リーダー(グローバルな視点を持ち、郷土の課題を発見・解決する)の育成」を目指しており、その一環としての今回の訪問でした。

 そのため同校は、入学したばかりの1年生360人に対し、「日本、愛媛、本校の歴史・伝統・魅力について探求するために…世界で活躍し、郷土にも尽力した秋山兄弟の生涯について学ぶ」目的で、来訪 1 週間前の講演を当公益法人に依頼。 4月18日(木)、その目的に添い、山崎薫常盤同郷会理事長が同校体育館で「世界は広くして余程狭く御座候」というテーマの下、眞之から子規宛て賀状のこの言葉の意味等、同校の先輩たちの足跡を考える講演を行いました。

 そうして4月25日のフィールドワークは、14時から1年生9クラスが2クラスずつのペアに分かれ、最初に校内の明教館見学か、坂の上の雲ミュージアムか、当秋山兄弟生誕地かを歩いて訪ね、その3か所を異なった順に回って16時半に帰校するものでした。

 
 
 秋山兄弟生誕地では、やってきた2クラスの内1クラスは初めに道場にあがって兄弟の生涯を描くビデオを観、(写真上)  その間もう1クラスは便宜上男女半分ずつ北庭から生家を見学したり(写真1)、南庭で兄弟銅像の側で研究員の案内を受けました(写真下)。
 
 

 後日、生徒たちの感想や考えを記した「ワークシート」の写しを 担当の先生が、同郷会に届けてくれました。その中に次のような文がありました。                                                             
「『グローカル』の 考えかたを秋山兄弟はこんなにも早く実践していたのだと知り、驚くと同時にとても感心しました。」
「グローバルに活躍するためにはどのようなことが大切か:愛媛の人が強国に対抗するために故郷(愛媛)又は自分たちの町をもっと良くしていこうと頑張ったように、ローカルで共にまとまっていく能力が必要だと学んだ。故郷を愛する力が何かの原動力になる」

「他人のために行動すれば自然と自分のために返ってくるように、世界に貢献をしていれば、おのずと地域のためになってくるのだと思います。そう言ったことを念頭に置いて活動する事が、今の私たちの意識に足りない大切のことだと考えました。」

「とくに印象に残ったことは(好古の)『負けてばかりだった。でも逃げなかった』という言葉です。」

 

4月5日(金)  常盤学舎 新入寮生、初の寮生会

 
 

 常盤学舎に、今年は7_名の新入寮生。共に21名の仲間で始まった今年度初の寮生会写真が届きました。最初の議題は寮の清掃について、司会者は旧寮長の宇都宮君(写真)。  用務員の高橋さんから「ゴミの分別」の講義を受け、寮の美化について討論しました。
  つづいて、当番制の「トイレ掃除」について、ここからの司会は新寮長の青戸君。

では、新入寮生に挨拶してもらいましょう。

①亀山君は松山北高から
明治大へ
②高橋君は松山東高から東京工業大


③山田君は松山東から一橋大学へ

④ 稲田君は松山から行った早稲田佐賀高から早大に
⑤ 本田君は伊予高・別大学から日本社会事業大へ
   
⑥巽(たつみ)君は済美平成高から順天堂大へ
 ⑦百瀬(ももせ)君は 新田高から日本社会事業大へ
 

 それぞれの志をもって東京のその大学に進みました。
かつて秋山好古は、常盤舎の監督を務めた最初の歳(明治 43 年)、舎生全員が集まった会でこう言いました。

「 進取力と忍耐力とは修学上の二大要素にして、且つ成功の基礎なり。
 いかなる困難に会するも毫も屈する所なく、寧ろ難事に遭遇するを以て、世の快事となさざる可からず」と。

松山より健闘を祈っております。


2019年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
最新ニュース 2013年2014年2015年2016年2017年2018年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved